再生紙

​解決事例

神戸市 住宅ローン返済相談ドットコムでは神戸市内で住宅ローン返済のお悩みのご相談を受け付けています。当ドットコムに寄せられるご相談の中から、特にご相談の多いお悩みをご紹介します。
未曽有のコロナ不景気で、給与カット、倒産、リストラまたは突然の病気やケガで住宅ローンの支払いが困難になってしまうことは恥ずかしい事ではありません。現在、同じようなお悩みを抱えていらっしゃる方のおおは、当ドットコムで新しい生活をスタートさせていらっしゃいます。
是非ご参考にされてはいかがでしょうか。

◆コロナでボーナス減少/残業縮小で収入が減少

 

今までは、現在の収入から将来の昇給も加味して住宅ローンを組んで自宅を購入するのが一般的でした。しかしこの度の未曽有のコロナショックにより、先の見えない不安感やリーマンショック以上の勤務先の業績悪化。そのコロナの影響でボーナスが減少し、テレワーク等の導入による残業縮小により収入が減少したというケースが散見されるようになっています。また、想定外の病気やケガで今の仕事を続けることが困難になり、ローンを滞納してまうというご相談もございます。

»[ケース1] 給与カット、子供の教育費も増加も重なり住宅ローン返済が困難に

»[ケース2] 突然の病気やケガで休職しており、住宅ローンの返済ができない

◆コロナで突然の倒産/解雇やリストラで払えない

 

コロナで突然の倒産や解雇、リストラにより住宅ローンを支払うことができなくなったというご相談が増えています。また給料未払いのまま会社が倒産してしまった…予告なくリストラされた…その後も転職活動をするがなかなか仕事が見つからない…、住宅ローンの滞納が始まってしまっている、という方からのご相談が増えています。

»[ケース1] 会社が倒産、仕事も見つからず住宅ローンが払えない

»[ケース2] 会社をリストラされ再就職も厳しい…住宅ローンがまだ残っている

»[ケース3] リストラされ再就職も厳しいが、まだ住宅ローンが残っている

◆コロナ離婚で住宅ローン残債/連帯保証人の問題

 

不幸にもコロナ離婚をすることになり、自宅を売却したいが売却しても住宅ローンが残ってしまう、夫婦の収入合算などで住宅ローンを組んでおり自宅が共有名義になっている、夫婦双方の連帯保証人になっている為、離婚した後の対応がわからないというご相談が散見されます。

»[ケース1] 離婚で自宅売却したいが住宅ローン残債が残る、連帯保証人になっている

»[ケース2] 元夫が慰謝料として住宅ローン返済する約束だったが…

»[ケース3] 離婚をしたいが自宅の連帯保証人になっている

◆住宅ローンの一種「ゆとりローン」で返済厳しくなる

 

「終身雇用」「定期昇給」を前提とした住宅金融公庫(現住宅金融支援機構)の「ゆとりローン」そしてゆとりローンと同様の仕組みの年金住宅融資の商品「ステップローン」この2つのローンは、最初の5年間は返済額が少なく、6年目以降にその分も上乗せされた金額を支払うという住宅ローンです(ゆとり返済、ステップ返済ともいいます)

住宅ローンを組んだ時とは全く異なる現実から、ゆとり期間の5年間が終了した後の支払いが困難となり、住宅ローンの滞納が起こりつつある。というお悩みが増加する傾向にあります。

»[ケース1] 給料が上がらずボーナスもカット、ゆとり期間終了後の返済ができない

»[ケース2] 自宅購入時から給料は上がらずボーナスもカット、ゆとり期間終了後の返済ができない

◆定年を過ぎて年金と貯蓄を切り崩して住宅ローンを返済

 

住宅ローンを組んだ時には勤務先では住宅ローンは退職金で完済という先輩が多い中、自身も70歳完済で住宅ローンを組んでいた。しかし現実は厳しく退職金は減り、住宅ローンが完済できずに残ってしまった。年金だけではとても返済できない、という60歳以上のご相談者さまも増加傾向にあります。60歳を過ぎてからの再就職をしても以前と同じ待遇は難しく、貯金を切り崩して住宅ローンの返済をしなければならない為、将来の生活資金不足を不安に思う方が多くご相談にいらっしゃいます。

»[ケース1] 退職金で完済する予定だったが、退職金が想定より少なく住宅ローンが残ってしまった

»[ケース2] 住宅ローンは退職金で完済する予定だったが、想定より少なく残債を毎月支払うことに

◆コロナで事業失敗、住宅ローンを含む借入の返済困難

 

会社を経営される多くの方は、借入を行う際に自宅を担保にしています。そのため、コロナで会社の経営が悪化すると自宅が差押えにあってしまう、というご相談がございました。また、社員を守るために何とか倒産だけは免れたく、自宅を売却したくても住宅ローンの残債のほうが多く、銀行が抵当権を設定していて不動産が売却できない、というご相談も増えてきています。

»[ケース1] 事業失敗:借金返済ができない⇒債務整理、任意売却で解決

»[ケース2会社が倒産、自宅が差押えになり住む場所がなくなってしまう

»[ケース3] 経営が悪化し倒産の危機に。社員の為にも会社の経営を続けたい

◆収益物件、収益不動産のアパートローンが払えない

 

収益不動産の売却に関するご相談が増えています。個人年金や資産形成としてワンルームマンションやアパートを購入された方が、コロナで想定していた家賃収入が減ってしまいアパートローンの返済ができないケースが増えているためです。

»[ケース1] 新築ワンルームマンションを購入。家賃でローンを払うつもりが空室で苦しむ事に

​神戸市 住宅ローン返済相談ドットコム

神戸市にお住まいの方の住宅ローン返済のご相談/滞納6か月までのコンサルティング/リースバックなどのご提案

神戸市にお住まいの方の住宅ローン・事業資金の返済問題、一緒に解決できるよう最善を尽くします。

秘密厳守、迅速対応 安心してご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

メールまたはチャットでいつでもお問い合わせください。

兵庫県神戸市灘区船寺通5-3-14 1F
神戸市 住宅ローン返済相談ドットコム by marusell 代表 加藤 貴行
TEL*090-8980-9405

フリーダイヤル開設準備中
MAIL*marusell838@gmail.com