◆コロナでボーナス減少/残業縮小で収入が減少

 

今までは、現在の収入から将来の昇給も加味して住宅ローンを組んで自宅を購入するのが一般的でした。しかしこの度の未曽有のコロナショックにより、先の見えない不安感やリーマンショック以上の勤務先の業績悪化。そのコロナの影響でボーナスが減少し、テレワーク等の導入による残業縮小により収入が減少したというケースが散見されるようになっています。また、想定外の病気やケガで今の仕事を続けることが困難になり、ローンを滞納してまうというご相談もございます。

»[ケース1] 給与カット、子供の教育費も増加も重なり住宅ローン返済が困難に

»[ケース2] 突然の病気やケガで休職しており、住宅ローンの返済ができない

給与カット、子供の教育費も増加も重なり住宅ローン返済が困難に

ご相談内容:

勤めている会社の業績が悪化し、給与がカット、ボーナスも出なくなってしまった。月々の住宅ローンの返済もギリギリになってしまったため、ボーナス払いの時は貯金を切り崩して返済している。今のままだと給料が上がる気配もないし、このまま貯金を取り崩して返済していくのは現実的じゃない。さらに来年は子供の大学入学も控えている。このままでは遅かれ早かれ自宅を売却するしかない。

当住宅ローン相談ドットコムのアドバイス:

現在の状態でさらなる給与カットや、大学入学金などの大きな出費があれば住宅ローンの返済が滞ってしまう可能性が非常に高い状況です。
まずは残債と自宅の市場価値を把握することが大事です。残債が自宅の市場価値より少なければ、債権者の合意なく売却することができますが、残債が自宅の市場価値より多ければ、債権者の合意を得ない限り自宅売却することはできません。債権者の合意が得られれば、任意売却で自宅を売却することができます

当ドットコムでは提携不動産会社協力のもと、無料で不動産の査定サービスを行っていますので、自宅の市場価値が分からないという方はご相談ください。

もし、残債が自宅価値より多いようであれば、任意売却に向けた債権者との交渉が必要となります。また、自宅を売却することでローンが完済できる可能性がある場合は、自宅売却に向けて当ドットコムの提携不動産会社をご紹介をします。

自宅売却後は「当ドットコムのアフターサポート」として、現在お住まいのエリアで、ご希望に合ったお住まい探しをサポートさせていただきます。

突然の病気やケガで仕事の復帰に時間がかかりローンが払えない

 

ご相談内容:

大きな病気にかかってしまい入院している、会社は休職扱いにしてくれているが無給の状態だ。それでも変わらず住宅ローンの引き落としはされている。復帰すれば給料が入るがいつ戻れるか、同じ給料をもらえるかは分からない。高額な医療費も重なり貯金が底を突きそう。せめて住宅ローンの返済さえなければ、何とかやっていけると思うのだが…。
 

当住宅ローン相談ドットコムのアドバイス:

病気やケガは突然起きてしまいます。高額な医療費となる高度医療は保険でカバーされないものも多くあり、病気やケガが長引けば出費は積み重なっていきます。それでも、毎月の住宅ローンは口座から引き落としされていきます。このままでは住宅ローンの返済を滞納し、自宅が競売にかけられてしまう可能性もあります。

自宅が競売になると新聞やインターネットで住所が公表されるため、ご近所に知られてしまう可能性がある上に、相場価格より割安に、引っ越し猶予も与えられず強制的に自宅が売却されてしまいます。そうならないためにも、自宅を売却することをお薦め致します。

住宅ローンの残債が自宅の市場価値よりも多い場合、債権者の同意を得る任意売却をする必要があります。自宅の残債がさほど多くなく、自宅を売却することでローンを完済できるようであれば、通常の不動産取引となるため、当ドットコムの提携不動産会社をご紹介いたします。

自宅の売却を進めながら、次の生活に向けた新しい住まい探しや、必要な場合は生活保護の申請等も、当ドットコムの提携顧問弁護士、提携不動産会社がお手伝い致します。

​神戸市 住宅ローン返済相談ドットコム

神戸市にお住まいの方の住宅ローン返済のご相談/滞納6か月までのコンサルティング/リースバックなどのご提案

神戸市にお住まいの方の住宅ローン・事業資金の返済問題、一緒に解決できるよう最善を尽くします。

秘密厳守、迅速対応 安心してご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

メールまたはチャットでいつでもお問い合わせください。

兵庫県神戸市灘区船寺通5-3-14 1F
神戸市 住宅ローン返済相談ドットコム by marusell 代表 加藤 貴行
TEL*090-8980-9405

フリーダイヤル開設準備中
MAIL*marusell838@gmail.com