再生紙

​住宅ローン・事業資金返済支援方法<リスケジュール>

<リスケジュール>
 
リスケジュールとは

リスケジュールとは、住宅ローン・事業資金を借入した金融機関に「返済条件の延期・変更」を申し込む事です。

リスケジュールを検討、又は申し込むという事は様々な事情で返済が困難になっているケースです。

 

住宅ローンであれば

 

・転職・リストラ・倒産での収入減

 

・病気・怪我で就労不能による収入減

 

・その他

 

法人であれば

 

・不景気による業績悪化

 

・取引先の倒産

 

・その他

 

最近では自然災害での売上減少・収入減が原因というケースもあります。

 

リスケジュールの方法は返済期間延長と一時的な返済猶予です。

 

◆返済期間延長

 

明確なルールはありませんのが事業資金に関しては半年~1年で経営状況に応じて延長交渉が可能となります。住宅ローンに関しては、融資期間最長35年以内の延長も可能ですが完済時の年齢も考慮しなければなりません。

 

◆一時的な返済猶予

 

一時的な返済猶予の場合は、半年~1年程度しか認められないケースが大半です。

 

猶予期間中の返済額は、0円という事ではなく元金は払わず利息を返済したり返済が可能な額を話合いをして決めて返済をします。

リスケジュールのメリット・デメリット

 

◆メリット

リスケジュールのメリットは返済額が一時的に減るため、生活・事業を立て直しがし易くなります。

 

◆デメリット

リスケジュールのデメリットは

 

・優遇金利が無くなり通常の金利になる

 

・返済期間が延びるので返済総額が増える

 

・数年間の期間延長では返済額の大幅減少は見込めない

 

・新規借入、借換えが難しくなる

 

各種コンサルタント契約について

リスケジュールの相談を検討している方は、スケジュール相談の流れをご確認下さい。

リスケジュールをするなら早めに相談しましょう

住宅ローン・事業資金の返済が困難な状況になりリスケジュールを検討したならば、早めの段階で金融機関に相談しなければなりません。

 

住宅ローンに関しては審査が必要になり、事業資金に関しては金融機関が納得する事業再建計画が必要です。

 

来月の返済が厳しい状況になった時に金融機関に相談しても間に合わない場合があります。

 

住宅ローン返済相談ドットコムでは、ご相談者が既存借入をリスケジュールすることによってメリット・デメリットを考慮して再生計画案をご提案致します。

 

住宅ローン返済相談ドットコムでは、住宅ローン・事業資金の返済でお困りの方の【無料相談】を承っております。LINEでのご相談は【24時間受付】です。面談でのご相談もご予約頂ければ【土・日・祝日】も対応可能です。お気軽にご相談下さい。

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

​神戸市 住宅ローン返済相談ドットコム

神戸市にお住まいの方の住宅ローン返済のご相談/滞納6か月までのコンサルティング/リースバックなどのご提案

神戸市にお住まいの方の住宅ローン・事業資金の返済問題、一緒に解決できるよう最善を尽くします。

秘密厳守、迅速対応 安心してご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

メールまたはチャットでいつでもお問い合わせください。

兵庫県神戸市灘区船寺通5-3-14 1F
神戸市 住宅ローン返済相談ドットコム by marusell 代表 加藤 貴行
TEL*090-8980-9405

フリーダイヤル開設準備中
MAIL*marusell838@gmail.com